プロデューサー:登米裕一×演出:須貝英 対談 ③

日本の演劇がもっと面白くなったら。

須貝
演出家って質問力問われますよね。僕、演出家の能力ってそれだけだと思うんです。的確な質問ができるか。

登米
そうね。

須貝
この役に関してどう思う?とか、この時ってどうなの?とかいったことを聞いてあげる。そういう質問力。演技指導ができる人や独特なイメージを持ってる人はたくさんいて、それは演出家としては当然の能力なんですけど、役者から何をどうやって引き出すかをどこまで先を見て質問できるかってことが、いい演出家かかどうかだと思っていて。

登米
ふむ。

須貝
何かを与えてそれをやってもらうのは簡単だけど、結局何か、自分の中で作り出したり、引っ張り上げてもらったものの方が魅力的なことが多いじゃないですか。だから質問する能力、インタビュー力が演出家にはすごく大事だなって思っています。

登米
いい演出家がいればいい役者が育つし、いい演劇が出来る。もっと若手演出家が育つ環境になればいいんだけどね。

須貝
その通りだと思います。日本は演出家が少ないと思います。

登米
マイズナーとかスタニスラフスキーとか海外の演技演出論をきちんと勉強する人も増えたけど精神論だけで乗り込む演出家さんも未だに見る。海外だと演出家ならあなたが書いた論文見せてって言われるとこもある。

須貝
そうですね、研究職みたいな扱いですよね。

登米
稽古少し見せてもらったけど須貝英っていう演出家は役者のコントロールが上手だなと感じた。

須貝
僕も役者でやっていて演出家に対して「なんだお前」って思うことは今でもあるし(笑)。役者の時は結構オラオラな気持ちでやっていることが多いんですけど、でもそれでやっぱりあんまり上手くいかなかったり、逆に自分が損したりって経験をたくさんして。

登米
ふむ。

須貝
だから今は、同じ現場にいる内はその人のことを絶対に否定しないっていうルールを守るようにしているんです。この人には何かがあるかもしれない、あるに違いないっていう。その人に対する尊敬の気持ちを持っていれば、悪い所って基本的にはないから。

登米
ふむ。

須貝
それから、今有名な演出家たちには大抵スタイルがあって、「あの人はああいうスタイル」みたいなイメージが観客側にはあるけど、僕は本当に優れた演出家にはスタイルは必要ないと思っていて。

登米
なるほど。

須貝
だから彼らの本当に優れた所も、スタイルとは別の所にあると思うんですよ。脚本と集まった役者によって、できる作品って絶対に違ったものになるはずだから、それを最大限に汲み取れる人が演出家だと思っていて。

登米
ふむ。

須貝
なので自分で演出してる時は、僕のにおいがすると思った瞬間にその演出をやめます。それは僕の自己満足でしかないから。ってなことを思っていると自然とあんまり戦わなくなります。色んなことに対して「そうなんだ~」って思うことが増えて、段々楽になってます。

登米
そういうスタンスの演出家って少ないから、これからますます求められるかもしれないね。30年後もしかしたら天下取ってるかも。

須貝
取ってるといいですけどね。

登米
そのときには登米も天下を取ります何かで(笑)

須貝
(笑)でも、天下取ってなくてもいいんですよ、ただ、30年後の日本がめちゃくちゃ面白い芝居で溢れてなきゃいけないと思うんです。そうじゃないと僕の30年は無駄だったって思うと思います。どれ観ても全部面白い、日本全部ブロードウェイみたいな、どの芝居もハズレなしかよ!っていう状況に30年後できていなかったら、僕の負けです。僕が食っていなくても全然いいから。

登米
すごい背負ってるね。

須貝
僕たちの世代が「いやあそんなの別にいいでしょ!自分さえ売れれば」みたいなことを言って今から背負うのを逃げてたら、ダメになっちゃうんですよ。ダメになって一番損をするのが僕たちなんで。僕は公言しますけど、日本の演劇界を背負ってます。

登米
難しい世代だよね。真に恐れるべきは有能な敵ではなく無能な味方だと言われるように演劇を否定する人よりも、お金になるんだからこれも演劇だよねと言う演劇愛のない人も近付いてくる事も増えるだろうし、その方が怖い。

須貝
そうなるでしょうね。でも別にそれを自分色に染めようとはあんまり思わないですけどね。

登米
休日を過ごす時の選択肢として演劇以外の新しいコンテンツはどんどん増えている。もうそことの勝負ではない気もしているけれど、新しいエンタメと演劇とのコラボをいち早く考えているプロデューサーもいて、演劇と言うジャンルがこの先日本だけでガラパゴス的な進化をするんだろうなと思うんだよね。

須貝
パート1のマルチタスクの話じゃないけど、それはそれだと思っていて。仕方ないとも感じます。僕が問題だと思うのは、多くの作り手が可能性を限定されていること。例えば新感覚な演劇を演出した人が岸田國士をオーソドックスにやっても別にいいじゃんって思うんです。

登米
ふむ。

須貝
同じ人に同じ仕事しか持ってこないことのつまらなさというか。自分が今回のようなプロデュース公演に参加する時や、自分のユニットに役者を客演で呼ぶ時は、それぞれの劇団でやってることや普段やってることは絶対にやらせないぞっていう気概を持ってやってる。

登米
ふむ。

須貝
同じイメージしか与えられないのは使う側の至らなさだなと思っていて。役者も演出家も脚本家ももっと色んなことできるしやるべきなんですよ。だからこそ、プロデューサー業って大事だなって思ってるんです。

登米
いい演出家がいい役者を育てる、そしていい演出家を育てるのはいいプロデューサーだからね。と言うと自分に返ってきてしまうけれど(笑)でも今回は本当に素敵な人たちが集まったので5年後、10年後にも「そでふりあうも」を見ておいて良かったと思ってもらえるような舞台になると信じています。よろしくお願いします。

ブラシュカpresents 2017年7月公演
『そでふりあうも』

【日時】
2017年7月12日(水)~7月17日(月祝)
【場所】
新宿シアター・ブラッツ

【CAST】(五十音順)
阿久澤菜々、岩井七世、岡田地平、小沢道成(虚構の劇団)、加藤良輔、川島佳帆里、篠原彩、橘花梨、
富田庸平(キリンバズウカ)、武藤賢人、安川純平、ヨシケン改(動物電気)

【チケット】
イープラス:http://eplus.jp(PC・携帯) にて「ブラシュカ」で検索

【詳細はこちらへ】
http://ameblo.jp/burashka/entry-12278711742.html

 

 

プロデューサー:登米裕一×演出:須貝英 対談②

これからの小劇場、5 年後残っていてほしい人たちと。

登米
夏葉亭と言う若手俳優を中心とした落語一門もやっていたりするんだけど、これから先、小劇場で公演を打ちづらくなっていく中で、役者はオーディション・劇団公演・誰かに声かかるの待ち、っていう「待ちの姿勢」にますます疲弊するだろうなと思っていて。役者もセルフプロモーションをして、脚本家・演出家を待たなくても公演を打てるようになっていかないといけないと思っている。

須貝
わかります。自分をプロデュースしようという観点を持っている俳優がすごく少ないと思います。昔、ある演出家さんが「名前を検索した時に写真や映像が出てこない人を使いたいわけがない。その人を知りたい時に材料がないことがいかにマイナスかもっと分かった方がいい。」という内容のことをおっしゃっていて、全く同じ意見だなと思ったんです。名前を調べて一発で情報が出てこない人とは、一緒に仕事できないんです。だって情報がないから。少なくとも写真はあるべきだし、できれば話しているところを見たいし、演技している姿が見られれば最高なんですけど。自分からそれらを用意しない「待ちの姿勢」の弱さを多くの役者に感じます。

登米
脚本家・演出家・事務所が声を掛けてくれないと、役者は動けないって思っている人が多くてもったいないなと思う。公演を主催しようと思ったら出来るわけだから。

須貝
本当にもったいないです。ちょっとでも引っかかるものがあれば、いつ、何があるかわからないのに。僕は待つ時間を無駄に使うのが嫌いなんです。全く出演がないのも別にいいと思うんです。ただその時間は、本を読んだり映画を観たり観劇したりといったインプットに徹底的に費やすとか、脚本を書くとか、とにかく0の時間を作るのがすごく嫌いで。だから演劇に携わる者として完全に OFF になる日はないですね。

登米
英ちゃんを見ていると、オタクだなって。

須貝
そうですね。

登米
でも、今から売れる人はオタクな人だけだと思っていて。今、甘い誘惑というか。スマホ一つで、余暇をいくらでもつぶせてしまうから。明確な意志を持って能動的にインプットしていく人だけが、これからの時代は生き残っていくんじゃないかなって。

須貝
そう思います。

登米
だからオタクになりたい。(笑)

須貝
時間をどう過ごしたかということが活きる瞬間が、どこかで絶対にやってくると思ってます。

登米
今一緒に仕事をしたいと思う俳優さんは意欲的にインプットしている人が多い。そう言う人に魅力を感じる。

須貝
自分が演劇活動をする時に指針にしていることがあって、「観に来たお客様に演劇を始めさせるか、同業者なら演劇を辞めさせるかしてやろう」って。何もやっていない人が観て「すっげえおもしれえ」って演劇を始めさせたいし、役者・脚本家・演出家が観たとしたら「あっもうダメだ、こんなのに勝てない」って演劇をやめさせたいし。僕は観に来た人の人生を変える覚悟をもって創らないと本当に面白いものは創れないと思う。

登米
演劇の神様って演劇を始めるきっかけもくれるけど、死神の側面も持っているんだと思う。以前、小劇場で圧倒的な役者を観て「俺も役者やろうかな」とも一瞬思ってしまった。それくらい魅力的な舞台だったんだけど、もし自分が役者だったらあの瞬間引退を考えたんじゃないかな。

須貝
あります。この人に勝てないと多分やっていけないっていう。僕の場合は辞めようとは思わなかったですけど、多分この人が壁になる、けどこの人に並べたら最高に楽しいだろうなって。

登米
役者だけじゃなくて、脚本家・演出家でも圧倒的な人、作品・才能に、ここ数年何度も出会っていて、やるぞって気持ちにもなったけど、もう引退しようかなって何度か心をボッキボキに折られてもいる(笑)

須貝
出会いますよね。僕もです。

登米
今回のプロデューサーの仕事でも新しい演劇の武器を自分の中で見つけたいなと思っている。同時に今出会うべき人と出会って何かを変えてもらいたいと言う他力本願なところもある(笑)。ノアの箱舟に乗れる人、乗れない人がいたように小劇場界も 2020 年が一つの区切りになると思っていて、そこで演劇を仕事にしたいと考える人で次のフェーズに行ける人と、もう上に行けない人とに分かれるんじゃないかなと思っている。

須貝
その可能性はあると思います。

登米
5 年後 10 年後に仕事をご一緒したいなと思う人たちには残って欲しいし、魅力ある人たちとはきちんと出会っておきたいなと思っていて、今回のブラシュカ『そでふりあうも』はそういう人たちと一緒に組んでいる。

須貝
とてもわかります。僕も一緒に仕事しようっていう基準がそこだったりします。5 年後一緒にやっていたい人としか仕事しないです。今だけじゃなくて、5 年後もこの人面白いかなあって、5 年とか 10 年スパンで考えてる感じです。

登米
じゃあ、10 年後どうなってるの、須貝英って。

須貝
僕ですか。どうなってるだろう?うーん。・・・・・・誰かの生き方の指針になっていたいです。あーこれアリなんだみたいな。

登米
それって、ちゃんと稼いでいるように見せるってこと?

須貝
実際、いくら稼げてるかはわからないけど(笑)。でも、演じているにしろ、書いているにしろ、演出しているにしろ、監督しているにしろ、きっと全部必要にかられてやってると思います。あと、小説を書くっていう目標もあるんで。本当は小説家になりたいから。きっと 10 年後は、今の僕が想像できることはやっていないと思います。

登米
それかっこいいな。

須貝
もし僕がこの先ずっとベストを尽くし続けられたら、10 年後の自分は想像がつかないところに行っているはずです。だって今がそうだから。22 歳の時に今の自分は想像できなかった。こんな優れた表現者になれるとは思っていなかったから。

登米
それを自分で言うのがかっこいいね(笑)

須貝
自分で言います(笑)。出会いの運もよかったし、タイミングにもすごく恵まれたので。色んな人の力と、持って生まれたものと、親からの教育と、色んな要素が絡み合って、この 10 年をいただいたので。

登米
須貝英っていうのは間違いなくもっと上に行く人だと思う。10 年前もっと上に行けると思っていたネガティブな自分からすると、そのメンタル欲しいわ(笑)

須貝
ほんとは芥川賞取ってるはずだったとか、アカデミー賞取ってるはずだったとかは、ありますよ(笑)

登米
今、ノッてるよね。

須貝
バランスがようやく整ったのと、やっと世間の評価が定まってきたということがありますね。自分としては、外野の声とか色眼鏡とかそういうものと 5 年くらい闘ってようやく得たものなので。

登米
未だに登米は居方が定まってないけどね。今どこにいるんだが分からない(笑)

須貝
でも僕も実績はないんで何とも言えないです。気持ちだけです。

登米
今は、何年後かの準備をしている感じかな。今回のプロデュース業も含めて。

須貝
改めて、今回の公演の話に戻って。いいメンツが集まったなあと。

登米
すごくいい座組だよね。そして、いい作品になるだろうなあって。元々、2010 コリッチアワードグランプってことで2010年の小劇場で一番面白かった作品ってことだからいい作品である事は間違いないんだけど。

須貝
ね。今は、それを 7 年後にやるとどうなるの?っていうのが楽しみですけど。

(パート③に続く)

ブラシュカpresents 2017年7月公演
『そでふりあうも』

【日時】
2017年7月12日(水)~7月17日(月祝)
【場所】
新宿シアター・ブラッツ

【CAST】(五十音順)
阿久澤菜々、岩井七世、岡田地平、小沢道成(虚構の劇団)、加藤良輔、川島佳帆里、篠原彩、橘花梨、
富田庸平(キリンバズウカ)、武藤賢人、安川純平、ヨシケン改(動物電気)

【チケット】
イープラス:http://eplus.jp(PC・携帯) にて「ブラシュカ」で検索

【詳細はこちらへ】
http://ameblo.jp/burashka/entry-12278711742.html

 

プロデューサー:登米裕一×演出:須貝英 対談①

劇団の本公演っていつが最後でしたか?

登米
キリンバズウカ(登米が主宰する劇団)の本公演は、2014年が最後で、それ以降は本公演はやっていない。

須貝
僕は本公演を定期的に打たなくてもいいと思う派ですよ。モノフォニックオーケストラ(須貝が主宰する劇団)の本公演は去年の9月が最後です。

登米
あれっ、4月にあった『グリーン・マーダー・ケース』は?

須貝
あれは一応プロデュース公演なんですよね。

登米
ってことは、本公演は年に1回ってことなんだ。

須貝
一応本公演は年1回くらいのペースでやろうと思ってて。でもやりたいことがなかったら1年ぐらい平気でやらない。今はやりたいことがいっぱいあるから、とにかくやらないともう間に合わないっていう感じで。

登米
そのスタンスいいよね。劇団って活動し続けることを第一の意義におかなくていいんじゃないかなって思っていて。

須貝
分かります。

登米
だから英ちゃんのそのスタンスはすごくいいと思う。やりたいことがあるからやる、結果それがハイペースになってるみたいな。劇団ってそうあるべきだなと思う。キリンバズウカは今はとてもロハスなペースだから(笑)。

須貝
そうですね(笑)。今、これだけ色んなメディアがあって、それぞれが個人で売れる手段がいっぱいあって、だから、無理して劇団公演を打つ必要があるのかっていう気がしてて。久しぶりの公演でももし本当にいい作品であれば、何年ぶりだろうが、すげぇってなってみんな飛びつくと思うんですよ。

登米
1970年代~80年代は他劇団への客演を禁止する劇団もあった。その劇団の公演に出たければ劇団に所属しなければ出られない。テレビに出ることを禁止する劇団も多かった。役者は劇団にしか自分を表現する場所がないという時代……でも時代は変わった。今は他劇団への客演も自由だし、無所属で色んな劇団に出演する傭兵的な俳優も多い。加えてYouTubeやニコニコ動画といった表現する場所も増えた。

須貝
いい意味でも悪い意味でも個人を追う時代になってるんですよね。だから最近その流れに逆らって、やっぱり劇団として頑張るっていう所も増えてますよね。

登米
英ちゃんは、モノフォニの劇団色はこれから強めていこうと思っているの?

須貝
できれば強めていきたいですね。やっぱり「モノフォニックオーケストラ」って名前がどこかに入っていたら観に行くっていう、訴求力みたいなものは欲しいなと。

登米
ちょうど英ちゃんの世代って、小劇場で元々役者をやっていた人間が脚本も演出もするようになった世代だと思う。あやめ18番の堀越涼やタイマンの齋藤陽介、カスガイの玉置玲央、そして須貝英自身もそうだけど、それって役者として表現しきれないものを脚本とか演出とかすることで、打破しようとしているのかなと初めは思っていた。でも、作品を見てみるとそれぞれの作家性とか創作に対するスタンスは全然違うなって思う。

須貝
全然違うでしょうね(笑)。でも、根っこは同じなのかもしれないです。僕は2010年にモノフォニックオーケストラを立ち上げたんですけど、その時に関しては少なくとも、怒られるかもしれないけど、面白い作品がねぇって思ってて。僕は元々書きたい人間だったから、「じゃあ俺がやった方が面白い」で始めたんです。だけど、俳優が脚本・演出をやるっていうことに対するマイナスな色眼鏡が3~4年くらい拭えなかった。そこから脚本家・演出家として仕事をもらえるまでは結構歯痒い思いをしてました。「なぜ俺の可能性をお前らが限定するんだ、俺は書きたいし演出もしたいし俳優だってやりたいんだよ」って。脚本・演出で売れ始めると今度は、もう俳優やんないんでしょって言われて。僕は完全に、そういうつまらなさに対するアンチです。僕が何したっていいだろって。なぜか日本の文化って、一個のことを突き詰めてなんぼみたいな部分があるなっていう。

登米
そういうのが美徳とされているところがあるよね。

須貝
海外だとマルチプレイヤーが結構いるのに、日本だとなぜダメなの?っていう。マルチにやった方が上手くいく人だっているのにどうしてっていう気持ちが凄くあったんですよ。だから、観る側は観る側で、これは脚本・演出をやっている須貝英なんだ、俳優やっている須貝英なんだ、って色眼鏡をかけずに見なきゃいけないと思うし、やる側はやる側で、どんどんやればいいのにって思うんです。だから自分としては今、一番無理のない生き方をしていて。ようやく風潮的にも許されてきたのかなっていう。

登米
これからの世代はそういう人がすごく増えていく気がするね。

須貝
増えるでしょうね。

登米
ウッディ・アレンとかタランティーノとかイーストウッドとか、海外だと監督としても俳優としてもどちらも一流として認められている人がいるけど、日本ってどちらも一流って認められにくい土壌で。でも、役者を突き詰めることだけにこだわらなくてもいい時代になって来たんじゃないかと思う。自分を表現する場所として俳優も脚本も演出もすべて必要としている須貝英のようなスタンスはこれからの演劇スタイルとして増えていくだろうなって。もちろん、それぞれに実力があって成立するんだけど。だから英ちゃんの役者だけじゃない、演出としての魅力を今回の公演で伝えたいなとプロデューサーとしては思う。それと、小劇場界でマルチに極める多動的な人間がもっと増えて欲しいなと思う。

須貝
まぁそういうのが向いてない人ももちろんいるんだけど。ただ、やってみてから判断すればいいのにって凄く思う。

登米
うんうん、思う。

須貝
その方が断然いいと思う。僕は、脚本・演出・俳優をやっていること全部がすごくよく作用し合って今があるから、得られるものたくさんあるんだから、やったらいいのにっていう気持ちではいますね。

登米
今回プロデューサーで参加しているので自分もマルチと言えばマルチだけど、劇団員からは脚本・演出してくださいって叱られる(笑)。でも違う立場で公演に携わることで見える視界は全然違うので、勉強になることも多いんだよね。

須貝
そうですね。

(パート②に続く)

 

 

ブラシュカpresents 2017年7月公演
『そでふりあうも』

【日時】
2017年7月12日(水)~7月17日(月祝)
【場所】
新宿シアター・ブラッツ

【CAST】(五十音順)
阿久澤菜々、岩井七世、岡田地平、小沢道成(虚構の劇団)、加藤良輔、川島佳帆里、篠原彩、橘花梨、
富田庸平(キリンバズウカ)、武藤賢人、安川純平、ヨシケン改(動物電気)

【チケット】
イープラス:http://eplus.jp(PC・携帯) にて「ブラシュカ」で検索

【詳細はこちらへ】
http://ameblo.jp/burashka/entry-12278711742.html